タイトル:包丁・ナイフ・鋏の専門店「刃物のじゅうみ」
庖丁・ナイフ・鋏の専門店「刃物のじゅうみ」
包丁・ナイフ・鋏の事なら何でもどうぞ
只今営業中
羅紗切鋏
リンク:HOMEへ リンク:商品案内へ リンク:ご注文方法へ リンク:お店の紹介へ 刃物について リンク:今月のお勧めへ リンク:メールマガジンへ リンク:ウェブマスターのつぶやきへ リンク:お客様の声へ リンク:責任者表示へ リンク:LINKへ
 注文フォーム
 FAX用注文
刃物について
鋼について
庖丁の使い方
庖丁の名称
庖丁のできるまで
庖丁の研ぎ方
剪定鋏の選び方
剪定鋏の構造
剪定鋏の研ぎ方
羅紗切鋏とは
羅紗切鋏のできるまで
羅紗切鋏の名称
羅紗切鋏の研ぎ方
握り鋏のできるまで
握り鋏の名称と見分け方
握り鋏の使い方
ポケットナイフのできるまで
ポケットナイフの機能
ポケットナイフの機能U
商品案内
包丁の選び方
和庖丁
柳刃刺身庖丁
出刃庖丁
薄刃庖丁
蕎麦切庖丁
家庭用庖丁
忠房の庖丁
グレステン
ホームナイフ
パン切り&冷凍包丁
洋庖丁
牛刀
筋引庖丁
ペティナイフ
グレステン
プロ用Mシリーズ
盛箸・包丁ケース
特殊刃物
鋏(はさみ)
剪定鋏
刈込鋏
木鋏(植木鋏)
握り鋏
羅紗切鋏
キッチン鋏
ナイフ
ハンターナイフ
和式ナイフ
味方屋(日野浦司)
佐治武士のナイフ
ダイバーナイフ
ビクトリノックス
ウェンガーナイフ
レザーマン・ツール
アイダのナイフ
肥後守ナイフ
切出しナイフ
剪定鋏はなぜよくきれるのか
剪定鋏の構造各部の名称と剪定がなぜ良く切れるのか、説明してあります。

     刃の構造と切断のしくみ
剪定鋏の刃渡りの長さの違い 刃渡りと長さの違い。
剪定鋏の刃は、上図のように両方とも曲線であるが、刃渡りの長さをみると、受け刃に比べて切り刃のほうが長い。したがって、枝を切る際、短い刃にたいして長い刃がすり合うわけで、受け刃の一点みれば、切り刃は常に引き切り作用として働くことがわかる。引き切りするとよく切れる理由は、庖丁で考えると理解できる。下図のように、刃先を移動しながら切ることにより、刃の角度が小さく働くため、鋭さを増すからです。さらに、剪定の場合は、受け刃の曲がりで枝が動かないので、一層良く切れます。
庖丁の押さえ切り 庖丁の引き切り
庖丁の切断作用と刃先角度な違い
                          
左利き刃物
左用包丁
左利き鋏
左用鎌
左用切出し・鉈
園芸
芝刈機
薪割機や押切
ギフト商品案内
包丁セット
ラッキーウッド
倉田満峰
ルーペ(拡大鏡)
今月のお勧め
すわだのつめ切り
彫刻刀
調理用品
砥石や刃物のメンテナンス用品案内
砥石
刃物の研ぎ器
その他の刃物のメンテナンス用品

剪定鋏の各部の名称
剪定鋏の名称(表) 剪定鋏の名称(裏)

    刃渡りの形ときれる具合 
剪定の刃の形 鋏のなかには、刃の形が左図のように切り刃が直線で受け刃が曲線のものや、切り刃が直線で受け刃が直線又は平でまないた状のものなどいろいろあるが、切断作用が押さえ切りや押さえ切り近くになるにしたがって所謂(いわゆる)剪定鋏の切れぐあいのよさには及ばなくなる。
剪定の刃の形

                          ▲先頭に戻る 
バナー:刃物のじゅうみ HOMEお店の紹介ご注文方法商品案内
刃物について販売者表示リンク
Copyright(C)2002-2003 Jumi-shouten all rights reserved.
当サイトの文章・画像の引用・転載は堅くお断りいたします